個人情報について

個人情報及び特定個人情報の開示等の請求

1  開示等の請求先について
 個人情報等の開示等の請求は、個人情報等を登録又は提供されたそれぞれの部所に直接ご請求ください。
 なお、個人情報等を登録又は提供した部所が不明の場合には、企画管理部企画総務担当にご請求ください。
2 開示等の請求の手続きについて
 開示等の請求は、次の書面に必要事項を御記入の上、これを上記1の請求先に提出して行ってください。
・保有個人データ等の利用目的の通知の求め 保有個人データ等利用目的通知申出書
・保有個人データ等の開示の請求 保有個人データ等開示請求書
・開示決定に基づき開示の実施方法を申出る場合 保有個人データ等開示実施方法等申出書
・保有個人データ等の訂正、追加又は削除の請求 保有個人データ等訂正等請求書
・保有個人データ等の利用の停止、消去及び第三者への提供の停止 保有個人データ等利用停止等請求書
 ※申出書等に御記入の際には、各申出書等付属の説明書を参照ください。
 なお、保有個人データ等開示実施方法等申出書の付属説明書はありませんので、御不明の点はお問い合わせください。
3  個人情報等の利用目的の通知、開示の請求にかかる手数料について
 個人情報等の利用目的の通知、開示の請求につきましては、これらの請求に係る文書1件につき、手数料300円(消費税込み)を徴収させていただきます。
次の方法により手数料を納付してください。
 ア) 手数料を現金で納付する場合は、本人(代理人を含む)が来所し、納付してください。
 イ) 手数料を銀行振込の方法により納付する場合は、本人(代理人を含む)が、指定口座に振込み納付してください。
4  開示等の請求をできる方
 開示等の請求をできる方は、次のとおりとさせていただきます。
 ア) 本人(開示等の対象となる個人情報等により特定される本人)
 イ) 代理人(本人から委任された代理人又は親権者等の法定代理人)
 開示等の請求にあたっては、求められた方が本人又は代理人であることを確認するための書類を提示・提出いただきます。
 ア) 本人による開示等の請求の場合
 本人が開示等の請求を行う場合、本人確認のため、別表(本人確認のための書類)に掲げる書類(いずれの場合も有効なもの)を提示し、その写しを提出してください。これらの書類がない場合は、事前に御相談ください。
 イ) 代理人による開示等の請求の場合
 法定代理人が開示等の請求を行う場合には、代理人自身に係る上記アに掲げる書類に併せて、戸籍謄本その他法定代理人であることを証明する書類(ただし、請求の前30日以内に作成されたものに限ります。)を提出してください。
 委任による代理人が開示等の請求を行う場合には、代理人自身に係る上記アに掲げる書類に併せて、委任状と当該委任状に本人が押印した当該印鑑の印鑑登録証明書(ただし、請求の前30日以内に作成されたものに限ります。)を提出してください。
 なお、戸籍謄本、印鑑登録証明書その他代理人であることを証明する書類は、市町村等が発行する公文書であり、その複写物による提出は認められません。
 ウ) 請求書を送付して開示等の請求を行う場合
 請求書を送付して開示等の請求を行う場合は、上記ア・イに加えて住民票(ただし、請求の前30日以内に作成されたものに限ります。)を添付してください。
5 本人及び代理人の確認のための書類
   開示等の請求にあたっては、求められた方が本人又は代理人であることを確認するための書類を提示・提出いただきます。

別表(本人確認のための書類)